IMG_1890

 

 

子どもの頃、勉強を頑張ったらテストで100点とれて、

 

 

先生からも親からも褒められ、自分自身にも自信がついて誇らしかった。

 

 

大人になって、仕事を頑張った分収入がアップして嬉しかった。

 

 

頑張った分の収入で、旅行に行ったり、美味しいモノを食べたり・・・

 

 

いいことも、悪いことも、結果がはっきりしていた。

 

(テストの点数が悪かったら叱られたし・・・収入が少なかったら頑張るしかなかった)

 

 

家庭を持つと、家族にたいしての自分の結果ってわかりにくいのではないかな?

 

 

子どもが「お母さんは、100点満点!」な〜んて、可愛いことを言ってくれるのは、

 

 

小学校低学年までくらいのことだろう。

 

 

夫が「君の作るご飯が、美味しい!」なんて、言ってくれたのはいつの頃だっただろうか?

 

 

今じゃあ、無言で食事をするダンナに向かって、顔をのそきこんで・・・

 

 

「美味しい?」って聞くと、

 

 

「美味しいから、食べてる。しつこいなぁ〜」って、苦言がかえってくる・・・

 

 

む・な・し・い

 

 

家庭生活、家族の日常とは、こんなものなのだ。

 

 

ほんまに、やってられないっ!

 

 

・・・が、しかし、これが平和な家族の日常なのだ。

 

 

だからこそ、私は思った!感じた!

 

 

家族写真は、お母さんの、お父さんの、家族に対する結果だと。

 

 

そう!お母さんの、お父さんの通信簿。

 

 

大切な家族との時間を、写真というカタチに残す。

 

 

まさしく、幸せの結果なんだと!

 

 

すべてがオール5の通信簿。

 

 

 

だからこそ、毎年毎年、家族写真を撮影して欲しい。

 

 

あなたのオール5の通信簿を。

 

 

 

 

あなたとあなたの家族が今日も一日笑顔で過ごせますように。

 

 

 

 

 

 

 

〜京都 二条城南 家族写真専門家 マタニティフォト ブライダル 七五三 髙橋貴絵写真事務所〜